TabPyによるk-meansクラスタリング

本記事では、TableauのTabPyを用いたk-meansクラスタリングを取り上げたいと思います。

TableauとPythonの連携環境(TabPy)構築は、こちら

データ

今回はサンプル・データとして、「Wine recognition data」を用いました。

サンプル・コード

本コードでは、データセットに含まれる13個の説明変数の内、5個の説明変数(Total phenols, Flavanoids, Color intensity, Hue, Proline)を用いてクラスタリングした後、クラスタIDをTableauの計算フィールドにINT型で渡しています。

図表1:スクリプトの入力例

参考資料

関連記事