TableauによるRESAS-API接続

本記事では、TableauのWDC(Web Data Connector)を用いたRESAS-API接続を取り上げたいと思います。

データ

今回はサンプル・データとして、「昼間人口・夜間人口の地域別構成割合」を用いました。

サンプル・コード

サンプル・コードは、こちら

APIキーの設定箇所

本コードでは、コネクタ接続ページ経由(図表1参照)でAPIキーを引き渡す仕組みにしています。

図表1:コネクタ接続ページ


*) RESAS-APIを利用するには、APIキーが必要となります。

データ要求箇所

本コードでは、指定した都道府県の市区町村一覧を取得した後、市区町村別の「昼間人口・夜間人口の地域別構成割合」データを取得しています。

【参照API】

見える化

以下は、API経由で取得した「昼間人口・夜間人口の地域別構成割合」データを用いて、昼夜間差分人口を見える化したサンプルとなります。


APIコール制限

本記事執筆時点では、以下のAPIコール制限(API詳細仕様参照)が設定されています。

1秒あたりのリクエスト平均数
リクエスト数/日
5
10000

参考資料

関連記事